11月9日(金)、宮城県大和町の大和町総合体育館に於いて東北三県JA役職員連盟の第14回バレーボール大会が開催されました!
各県より優勝・準優勝したチームが出場し、本県からは、県大会で優勝したJA福島さくら男子チームとJAふくしま未来B女子チーム、準優勝したJAふくしま未来男子チームとJAふくしま未来A女子チームがそれぞれ出場しました。
大会当日はあいにくの雨で肌寒い気温でしたが、選手たちは優勝目指して熱い戦いを繰り広げていました。
今回は、男子の部で第4位となったJAふくしま未来男子チームの監督 安田幸子さんと、女子の部で2連覇を果たしたJAふくしま未来B女子チームの監督 渡辺孝彦さんにお話を伺いました。

 

JAふくしま未来男子チーム
安田幸子監督

Q.試合内容はいかがでしたか?

A.なかなか練習できませんでしたが、いつも以上のプレーができました!!
ほとんどが3セット以上の試合になりましたが、粘り強い戦いができてよかったです!!

Q.チームの良いところはどんなところですか?

A.とにかく明るいところです。点を取られても、誰かしら声を出して雰囲気を盛り上げてくれます。

Q.東北大会に出た感想は?

A.福島県男子チームは、予選敗退することが多いですが、今回、3位決定戦に進むことができたのでよかったです。
来年に繋がる良い経験ができました!!

JAふくしま未来B女子チーム

渡辺孝彦監督

(写真なし)

Q.試合内容はいかがでしたか?

A.ガンガン行けと指示したとおりのプレーで、100点満点でした!!特にサーブがよかった!!

Q.チームの良いところはどんなところですか?

A.チームワークばっちりで楽しんでやっているところです。週2回の練習では、男子も交えて楽しい雰囲気で練習しました。

Q.東北大会に出た感想は?

A.2連覇出来て嬉しいです!!3連覇目指して頑張ります!!