7月18日(土)に、福島市の十六沼公園体育館にて、職員連盟第44回卓球大会を開催しました。
今大会では県内各地より27名(6団体)が参加し、全6種目を行いました。
今年は雨が連日降り、気温もあまり上がらない天気となったため、選手の方々への負担が少ない環境だったのではないかと思います。
また、コロナウィルス感染症対策を講じた上での開催でしたので、選手の方々には様々な制限がありましたが、試合が進むにつれて白熱したプレーが繰り広げられ、大いに盛り上がりました。
今回は、女子シングルス戦の部で優勝された水野あかね選手(JA夢みなみ)と、長年大会に出場され今回で引退される橋本洋子選手(JAふくしま未来)の2名にお話を伺いました。

 
JA夢みなみ

水野 あかね 選手

Q.優勝おめでとうございます。今回で4連覇となりますが、今の気持ちをお聞かせください。
A.コロナの影響や仕事の都合で、あまり練習する時間はとれませんでしたが、今年も優勝できて嬉しいです。
Q.いつから卓球を始めましたか?
A.小学生から始めて、現在は地元・須賀川の社会人チームに所属しています。
Q.来年の目標はやはり…?
A.はい。5連覇できるよう、これからも頑張りたいと思います。

 

 


JAふくしま未来

橋本 洋子 選手

Q.今大会はいかがでしたか?
A.あまり多くは動けませんでしたが、楽しくやらせていただきました。
Q.いつ頃から卓球大会に参加されたのでしょうか?
A.高卒で入組してからすぐですので、40年近くです。
以前は予選から全国大会まであって、様々な大会に参加させていただきました。
おかげさまで、卓球を通していろんな友人もできました。これもひとえに、大会を開催してくださった皆様のおかげです。
~長年ご健闘いただき、ありがとうございました。~