7月1日(土)に、田村市の田村市総合体育館に於いて職員連盟の第34回男子・第46回女子バレーボール大会を開催しました!
本大会では、県内各地より男子10チーム・女子10チームにご参加いただきました。
当日は、朝から雨模様で湿度の高い一日でしたが、みなさん東北三県大会出場を目指してボールを落とさない根気強いプレーをしていました。
今回は、見事大会2連覇を果たしたJA福島さくら男子チームとJAふくしま未来B女子チームの方にお話をお伺いしました。

JA福島さくら
監督兼選手
柳沼 薫 さん

Q.優勝した今のお気持ちをお聞かせください。

A.みんな仕事が忙しく、練習時間が限られていましたが、
そんな中でも優勝することができよかったです。

Q.今日はどんなところが良かったと思いますか?

A.レシーブと攻撃の繋ぎがうまくいき良かったと思います。

Q.東北大会への意気込みと選手の方々へメッセージをお願いします。

A.平成22年に岩手県の東北大会で優勝したので、更なる
練習を重ねて優勝に向けてがんばります!選手の皆さん、
今日は練習の成果を十分発揮できた試合だったと思います。
今日は、ゆっくり休んでください。

 

JAふくしま未来B
主将 松本紗果 さん

Q.優勝した今のお気持ちをお聞かせください。

A.二連覇をすることができてうれしいです!!

Q.今日はどんなところが良かったと思いますか?

A.全員が試合に出て、「全員バレー」ができたことが
良かったと思います。

Q.東北大会への意気込みと選手の方々へメッセージをお願いします。

A.去年の東北大会では、優勝まであと一歩届かず
準優勝となり悔しい思いをしましたが、今年は絶対
優勝したいです!
全員バレーで絶対優勝しましょうね!

※大会結果は、こちらをご覧ください。