7月2日(土)に、福島市の十六沼公園体育館にて、職員連盟第46回卓球大会を開催しました。
今大会では県内各地より27名(5団体)が参加し、全7種目を行いました。
今年は、梅雨明け後の猛暑日の中での大会となり、熱中症が心配されましたが、無事に大会を終えることができました。
昨年同様、コロナウィルス感染症対策を講じた上での開催でしたので、選手の方々には様々な制限がありましたが、大会を楽しんでいただけたのではないかと思います。
今回は、男子シングルス戦の部で優勝された原 亨選手(JAふくしま未来)にお話を伺いました。


JAふくしま未来
原 亨 選手

Q.優勝おめでとうございます。今のお気持ちは?
A.若い人に負けなくて良かったです。
Q.練習はどのようにしていますか?
A.仕事と家庭の都合をみながら、週に1回程度練習をしています。決勝で戦った宮選手とはよく練習をしています。
Q.最後に一言
A.岩手県で開催される卓球交流大会を楽しみにしています。