6月18日(日)に、田村市の田村市総合体育館に於いて職員連盟の第39回男子・第51回女子バレーボール大会を開催しました!
本大会では、県内各地より男子4チーム・女子4チームにご参加いただきました。
当日は、体育館の中も選手の迫力あるプレーと応援団の熱い応援により本当に暑かったです。
熱中症が心配されましたが、選手の皆さんは試合中もこまめに水分を摂り、一生懸命プレーされていました。
今回は、初優勝を果たしたJA福島中央会・全農福島合同男子チーム 主将 鏡雄斗選手にお話をお伺いしました。

JA福島中央会・全農福島合同男子チーム

 

 

Q.優勝した今のお気持ちをお聞かせください。
A.優勝の経験がなかったので、勝利の瞬間ではなく、表彰式の賞状とトロフィーが授与されたときに初めて喜びの実感がわきました。初戦では1セット目を落としてしまいましたが、気持ちを切り替えて戦い抜いた結果、優勝することができたのだと思います。
Q.今日はどんなところが良かったと思いますか?
A.途中で選手として出場した和田監督含め、選手7人全員に良いプレーがありました。全員バレーで優勝できたことが何よりも良かったと思います。
Q.東北大会への意気込みと選手の方々へのメッセージをお願いします。
A.我々は、チームプレーで楽しい試合に展開できるところが強みです。その強みを活かして東北大会でも全力で、そして楽しく戦っていきましょう!